会話ロボ

トヨタ自動車が会話のできる手のひら大のロボットを2017年に発売するそうです。ロボットを自宅やドリンクホルダーに置いて使うことを想定していて、長距離運転をしているドライバーに休憩をすすめたり、ロボットに蓄積されたデータを会話に盛り込んで、ドライバーに話しかけたりすることが出来るのだとか。トヨタホームの住宅とつないで、風呂が沸いたことを知らせることもできる。いわゆる全てのものをインターネットに繋げる「IoT」というやつです。今後、どんなものがインターネットに繋がっていくのか?具体的には思いつきませんが、アイデア次第で、とんでもないヒット商品が生まれてきそうな感じがします。

前の記事

運転手急病時にストップ